ARAIでスキー偏

今回はARAIに行ってまいりました。

まずはお約束の特製スペアリブと、スキーを履いた僕。

今回のARAIは積雪4m超えただけに、雪量は十分でした。

さてさて、問題のスキーなんですが…。怖い!(>_<)

しょっぱな一番下のリフトで様子をみようとリフト乗り場へ向かったんですが、
乗り場手前のチョットした上り坂で大苦戦。「乗り場まで行けな?い。」なんて
言ってる僕の横を小学生がスイスイと逆ハの字で登って行きました。そうやるんだ?(+_+)

テールでテールを踏み踏み、こけそうになりながらも逆ハの字&ストックをガツガツ使って
なんとか登頂成功。そしてリフトへ…

「止まらな?い!」(止まらないのでは無い、正確には止まれないのだ…。)

またもストックを突き刺してなんとか停止。ホッとしたのもつかの間で、リフトが
ガツッ!とヒザ裏にHIT!少しパニックのまま訳もわからずそのまま上に運ばれ
て行くけーじ。(-_-;)

「落ち着け。落ち着くんだ。」と言い聞かせながらリフトはズンズン上へ。
無情にも乗り場は近づいてくる。

「降りるのは楽勝♪」と思っていたけーじ。
スキーのトップを上げて着陸体勢に入る。
ストックを構え、一気にリフトから離脱!っと思ったら、
「刺したストックが地面とリフトにはさまれて抜けないニョロ?!」( ̄∀ ̄;)
力づくでストックを抜いたけーじのヒザ裏にまたもやリフトがHIT!
リフトに押し出されて無事(?)コースへ。

まずは山麓第1ペア横のブロードウェイコース。横にKIDSパークのある超初心者ゲレンデ。
ボードなら緩過ぎて、目をつぶっていても滑れそうな斜度。 だがしかし!

フラフラと落ち着かないスキーのトップ。開くヒザ。引けるコシ。
誰がどう見ても初心者。  怖い。へさべさに怖い!

よし、ちょっとSTOPだ! 足をハの字にぃぃ?!
止まらな?い!(T_T) エッジへのプレッシャーが上手くかけれない。(-_-;)
平均斜度5度の、こんな緩斜面で止まれないなんて!Oh!NO?!<`ヘ´>
もう凹む凹む…(-_-;)

それでもチャレンジャーけーじは上を目指し、そんな状態で山麓第2ペアリフトへ。
そこは妙高ロングランコース。最大傾斜22度の中級コース。
ボードであれば楽勝のコース。でも今日はスキー。勝手が違う。
まずは上手い人を観察。ちびっこから大人までジッと観察。

ヒザをそろえて、スキーをそろえて、ストック突いて、加重を抜いて、テールをずらして、
外側のINエッジに乗る。その時は後傾にならないように…
(注:↑初心者の勝手な解釈です。)

頭の中でイメージイメージ…(ー_ー)

「よし!」覚悟を決めてスタート!
1ターン!2ターン!(おっ?なかなかいけるかも)
3たぁぁぁぁ?!ボテッ!
右足君と左足君がそれぞれ別の道を歩みだそうとする。(T_T)

そしてこんな事を思う…

踏み込むとググッ!と曲がり過ぎる。カービングスキーだから?
(板のせいにしてるボク)

そういえば、会社の先輩が、「カービングスキーは曲がり過ぎて滑りにくい」って言ってたしな?。
(都合のいい事だけ思い出すボク)

買うならやっぱカーブのきつく無いのかな?。やっぱこう、板にしっかり過重して、板をしならせて
カービングしていくのが良いなぁ?。( ̄∀ ̄*)
(いやいや、そうじゃなくて、あんたはまず腕を上げないと) (-_-;)

そしてまた1ターン、2ターン、3ターン。

スキーが上手くそろわないし、ヒザもイメージ道りにそろわない。

ボードとは違う…。難しい…(;一_一)

ってな感じで恐怖&悔しさ&少しずつ滑れる様になっていく楽しさを味わって来ました。(^_^)

次にスキーを履くのは来月の予定です。会社の先輩と一緒に行って、レッスンしてもらう予定。

その他画像をUPしてます。
http://photos.yahoo.co.jp/kji_007

Topへ戻る?嶺村レッスンin安比 »

- Contact -
- © 2014 雪板岩手* -